高校留学の準備について|中学1年~高校3年のフィジー海外留学【South Pacific Free Bird】


高校留学・ホーム > 渡航案内 > 高校留学 準備 ・出発前準備
高校留学の資料請求はこちらから

高校留学 準備・出発前の準備

下記情報は、2012年9月1日更新時の情報です。

持ちものの準備


高校留学 準備 / 絶対に必要なもの

  • パスポート(フィジー滞在期間+6ヶ月の有効期限があるもの)
  • パスポートのコピー
    1. # パスポート紛失時に備えて用意してください。
    2. # TOEICテストを受ける方は、試験当日に提示が必要です。
  • 航空券(E-チケット)
    1. # E-チケットは航空券の電子チケットになります。出発当日は、E-チケットを出発空港の 利用航空会社カウンターに提示してください。
    2. # 名前のスペルがパスポート通りか、性別(MR・MS)、日程が合っているか確認をしてください。
    3. # Eチケットはコピーでも大丈夫です。保護者用と予備用に2枚コピーを取っておきましょう。
    4. # 帰国時も使用しますので現地で無くさないように保管してください。
  • 海外旅行傷害保険証
  • ホームステイ情報
    1. # 家族構成、家の中の設備、学校までの距離など確認してください。
    2. # 希望が全て叶っていないこともあります。また、大家族、1人住まい、シングルマザー、 学校までバスで40分以上等の家庭もあります。
    3. # 情報が異なる場合もあります。特に家族構成についてはフィジーの家族の特性上、人の出入りが激しいです。
    4. # フィジーでは固定電話がない家庭もあります。その場合、ホストファミリーの携帯電話へ連絡をしてください。(見分け方:固定電話の場合は6から始まる番号、携帯電話は6以外の9、8、7から始まる番号)
  • Student Hand Book(渡航前に事務局から渡される冊子)
  • 現金(日本円)
  • 文具(ノート、ペン)
    1. # フィジーでも購入することができます。特に正規学生は現地と同じ規格のノートを使用することをおすすめいたします。
  • 英和辞典、和英辞典
    1. # 紙辞書は必ず持参すること。
  • 本校指定単語帳"TOEFLテスト英単語3800(TOEFLiBT大戦略シリーズ)"
    1. # ISBN:978-4010934944(書店で書籍を探す時などに使う番号)
    2. # ESL授業内で使用しますので、購入をしてください。
  • 衣類
  • 写真1枚3.0cm×2.4cm(学生証用)
    1. # 裏面にローマ字でフルネームを記載してください。
    2. # TOEIC公開テスト用に、パスポートサイズの予備を持っているとよいです。
  • 鍵つきのスーツケースまたはバッグ
    1. # 鍵の紛失予防の為、ダイヤル式の鍵が便利です。
  • 自習用の問題集やテキスト/日本語の英文法参考書
    1. # 特に長期で留学する方は準備してください。
  • トイレットペーパー
    1. # 公共施設をはじめ、街中の施設、学校などの多くは、トイレットペーパーの備え付けはありません。自分用のトイレットペーパーを準備してください。現地でも調達することは可能です。
  • TOEIC申込書
    1. # 申込まれた方のみ。
  • 懐中電灯
  • 学校でランチをする際に使う、スプーン・フォーク
    1. # 学校で昼食を取る際に必要になります。

高校留学 準備 / 手荷物に入れるもの

フィジー到着後オリエンテーション時に利用する以下の持ちものはスーツケースには入れずに、手荷物に入れてください。

航空券(Eチケット)、パスポート、Student Handbook、写真1枚(学生証用)、筆記用具、ホームステイ情報、スプーンとフォーク、貴重品

高校留学 準備 / 持っていくと良いもの

  • キャッシュパスポート
    1. # 海外のATMから現地通貨で引出すことが可能なプリペイド式のマネーカードです。どなたでも作成することが可能で、日本から送金することも可能です。
  • 国際キャッシュカード
    1. # 国際キャッシュカードとは、自分の預金口座から、海外のATMを利用し現地通貨で引出すことが可能なキャッシュカードです。カードに「PLUS」、「Cirrus」が付いていれば、基本的にはフィジーで使用することが可能ですが、フィジーでの使用可否の詳細は、日本の各銀行に直接確認してください。
  • ノートパソコン
    1. # 学校から課されるレポート作成の際にあると便利です。ただし、学校への持参は禁止である為、ホームステイ先できちんと保管してください。
  • バックストラップ付のサンダル
    1. # 履物は、男女共に「バックストラップ付きの黒もしくは濃茶のサンダル」の着用が義務付けられています。日本から持参し、予備も持ってくると良いです。サンダルが壊れると、フィジーでは代わりのサンダルを入手することが難しい場合がありますので、なるべく壊れにくいスポーツタイプのサンダルをお勧めします。クロックスは走ったりすると壊れやすいので、お勧めしません。
  • コンタクトレンズ、めがね
    1. # コンタクト液はフィジーで調達することが可能です。日本より割高で種類も限られます。
  • 水着
  • バスタオル
  • 長袖(トレーナー、カーディガン)
    1. # 6-8月は、朝夕冷込む場合があります。
  • 雨具、レインコート
  • ドライヤー
    1. # フィジーの多くの家庭にはドライヤーはありません。海外対応のドライヤーを準備してください。また、ドライヤーは変圧器を使うことができません。
  • 虫除けスプレー、蚊取り線香、殺虫剤
    1. # フィジーでも調達することが可能です。
  • かゆみ止め
  • 常備薬、ビタミン剤
    1. # 現地の薬が合わなかったり、すぐに購入できないこともあるので日本からお持ちください。
  • 日本食(ナマモノ、動物、植物、酪農品は禁止)
    1. # みそ、マヨネーズなどはナマモノとなります。
    2. # パッケージに肉の絵が描いているだけで没収される可能性があります。
  • 変換プラグ
    1. # 変圧器を利用しての電化製品の利用は、本来の利用方法ではないため、電化製品を傷める可能性があります。電化製品を利用する場合、海外電圧に対応しているものを持っていくか、フィジーで購入するようにしましょう。
  • フィジーのガイドブック(市販のもの)
  • 日本の写真、家族の写真
    1. # ホストファミリーとの会話が弾みます。ぜひ、準備してください。

フィジーで調達することが可能なもの

カギ(南京錠)、カメラ(インスタントカメラは日本より割高)、フィルム、傘、懐中電灯、 電卓、サングラス、ラジカセ、腕時計、目覚時計、シャンプー、リンス、石鹸、化粧品、サンオイル、電化製品、生理用品、ドライヤー


電気

電源は日本人向けリゾートを除いて、すべて240V、50Hzです。 コンセントの形は3ツ口八字(O型)です。日本から電化製品を準備する際は、「変圧器」とコンセントの差込口を変更する「変換プラグ」(アタッチメント)が必要です。アタッチメントは現地で約2FJ$くらいです。なお、変換プラグは3ツ口八字、2ツ口八字の、両方を使用することが可能です。

 

お金の準備 / お金の持って行き方

キャッシュパスポート

海外のATMから現地通貨で引出すことが可能なプリペイド式のマネーカードです。どなたでも作成することが可能で、日本から送金することも可能です。


国際キャッシュカード

国際キャッシュカードとは、自分の預金口座から、海外のATMを利用し現地通貨で引出すことが可能なキャッシュカードです。カードに「PLUS」、「Cirrus」が付いていれば、基本的にはフィジーで使用することが可能ですが、フィジーでの使用可否の詳細は、日本の各銀行に直接確認してください。


ATMについて

ATMは24時間サービスです。ただし、トラブルを回避するため銀行の営業時間内に利用してください。キャッシュパスポートや日本の都市銀行の発行する国際キャッシュカードを使用することが可能です。現金で準備するより安全で、かつ、両替レートも良いです。

 
 

両替について

国際空港を含め、日本国内でのフィジードル入手は難しく、通常はフィジー到着後、空港にある両替所または銀行で両替をします。日本円はナンディ、ラウトカの街中であれば問題なく両替することが可能です。月曜日から金曜日までは銀行で両替することが可能です。大きなホテルや、空港でも両替することが可能ですが、銀行に比べてややレートが低くなっています。ナンディ国際空港の到着ロビーには24時間営業の銀行があります。

 

資料請求▲ ページトップへ

出発前に確認しておくべきこと

歯の治療

海外の歯科治療技術は、日本のように発達していません。また、海外旅行傷害保険の対象外となっていることも多いため、出発前に治療してください。


在留届(旅券法16条)

最寄りの日本大使館/領事館に在留届を提出してください。届出は郵送、FAX、インターネットで提出することが可能です。届出がない場合は各種証明書などの発行が行なわれません。届出用紙は在外公館窓口または日本のパスポート発行窓口、またはインターネットからダウンロードすることが可能です。記載内容に変更がある場合は連絡、帰国時は「帰国届」を提出することが必要です。

在留届の必要性

緊急事態発生時には、大使館/領事館員は在留届を元に在留邦人に連絡し、安否の確認をします。安否の確認ができない場合は継続して捜索することになり、日本に住む家族にも連絡が入ることになります。また、在外公館で各種証明書の発給を申請する際、在留届の提出が条件となる場合があります。中には在留届の提出を行わない人もいますが、その国に住んでいることを日本に示す証明でもあるので、届出することが義務となっています。

在留届の提出方法

フィジー到着後に、以下の外務省のサイトから手続きをしてください。日本出発前には手続きをすることができませんので、注意してください。

また、届出の際には本籍やパソコンのメールアドレスが必要です。出発前に必ず確認、取得しておきましょう。

外務省 在留届/電子届出システム http://www.ezairyu.mofa.go.jp/
ORP(Overseas Residential Registration)

入力時の注意点

  • 1) 提出先→在フィジー大使館
  • 2) 在留地の住所(郵便番号)→Ba Provincial Free Bird Instituteの私書箱番号「620」を入力
  • 3) 在留地の住所(住所)→ホームステイ先の住所
  • 4) 在留地の住所(電話番号)→ホームステイ先の電話番号
  • 5) 在留地の緊急連絡先(氏名)→FBIサポートオフィス
  • 6) 在留地の緊急連絡先(住所)→2F Arrival Concourse, Nadi Airport, Nadi
  • 7) 在留地の緊急連絡先(電話番号)→6707603
  • 8) 日本国内の連絡先→保護者(日本)の連絡先

資料請求▲ ページトップへ

TEL.03-5227-1185 TEL.03-5227-1185
フィジー高校留学資料請求フォーム


入学選考:合格者一覧
フィジー高校留学/説明会情報
フィジー高校留学費用

ようこそフィジーの高校へ