通信・輸送手段について|中学1年~高校3年のフィジー海外留学【South Pacific Free Bird】


高校留学・ホーム > フィジー生活情報 > 通信・輸送手段について
       
高校留学の資料請求はこちらから

通信・輸送手段について



電話

フィジーへの連絡方法の原則

学生と保護者様で直接連絡を取るようにしてください。本校スタッフは電話の取り次ぎや、伝言は基本的に承りません。連絡方法、頻度、タイミングについて、必ず決めておいてください。


日本からかける : ホームステイ先の固定電話

日本の家族と連絡を取る手段の一つとして、ホームステイ先の固定電話から国際電話を掛けるという方法があります。ただし、国際電話は通話料が高額になりますので必ずフォーンカードを使ってかけてください


日本から現地に電話をかける場合は下記の通りとなります。

  1. 1) 0033, 001、0041、0061等の国際電話専用回線
  2. 2) 010
  3. 3) 679(フィジーの国番号)
  4. 4) 6707603(相手先の電話番号)

従って、0033-010-679-670-7603となります。


NTTコミュニケーションズ以外の電話会社をご利用の場合は,電話会社にお問い合わせ下さい。

ホームステイ先に電話をされる場合、ファミリーは英語で出ますので、簡単な英語で用件を伝えください。


  1. 相手が電話に出て、お子様を呼び出して欲しい時
    《マイ ネーム イズ 佐藤(自分の名前)、
    花子(お子様のお名前)プリーズ》

  2. お子様が不在の場合に家に電話するように伝えて欲しい時
    《テル 花子 トゥ コール ホーム プリーズ》

フィジーからかける:フォンカード使用の場合

フィジーから日本(東京03-1234-5678)にかける場合は下記の通りとなります。

  • 1) 受話器を手に取り、「101」をダイヤルする。
  • 2) 案内の音声が流れたら、カード番号10桁をダイヤルする。
  • 3) 案内の音声が流れたら、以下の番号をダイヤルする。

【相手が固定電話の場合】

0081(国番号)をダイヤルし、続けて、0を省いた市外局番+相手先電話番号をダイヤル する。
例)0081-3-1234-5678


【相手先が携帯電話の場合】

0081(国番号)をダイヤルし、続けて、0を省いた相手先携帯番号をダイヤルする。
例)0081-90-1234-5678


公衆電話

 

ラウトカ/ナンディには公衆電話がたくさんあります。学校内にも公衆電話があります。フォンカードは雑貨店や郵便局で購入することが可能ですが、日本のフォンカードと違い、暗証番号を先に入力するタイプです。公衆電話機だけでなく、一般電話機からもフォンカードを利用して電話をすることが可能です。緊急時に備えて、フォンカードは常に持ち歩くようにしてください。

携帯電話

携帯電話は現地で安く手に入ります。プリペイド式なので使いすぎる心配がなく大変便利です。日本の携帯電話を現地で使用すると、使用料が高額になる場合があります。充電器と変圧器、アダプターを忘れずに準備してください。また、携帯を持つ場合は現地オフィスに番号を伝えてください。緊急時に連絡がつきやすくするためです。


# 現地の携帯電話では日本とも通話、メールが可能ですが、表示は英語のみです。

# 日本の携帯電話を利用予定の方は出発前に、携帯会社にプランの確認をしておくようにしましょう。

# 携帯電話購入時にパスポートのコピーが必要となります。


携帯電話およびフラッシュネット購入方法(2012年5月現在)

携帯電話購入・フラッシュネット(USB) 携帯レンタル
Vodafone

18歳以上:購入可能

17歳以下:学校からのレターがあれば購入可能

必要書類:
 1.パスポートコピー
 2.学校からのレター(17歳以下のみ)

年齢関係なくレンタル可(ナンディ空港のショップのみ)

必要書類:
 1.パスポートコピー

Digicel

年齢関係なくレンタル可(ナンディ空港のショップのみ)

必要書類:
 1.パスポートコピー

レンタルサービスなし


現地携帯費用

フィジーで調達する携帯電話の3G携帯の料金プラン(一例)

基本使用料   0FJ$ 無料
フィジー国内電話通話料 平日 7:00-17:00 50¢ 1分間
平日 17:00-7:00 35-45¢ 1分間
土日終日 35-45¢ 1分間
日本への国際電話通話料   70¢ 1分間
# 通信会社/機種などによって金額は異なります。詳細は各利用通信会社に確認してください。
# 当ページ記載の数字については、一例を元に作成しており、あくまで目安です。記載された費用や時間などに関わるすべてにおいて、当校は何ら責任を負うものではありません。

資料請求▲ ページトップへ

通信費の目安

フォンカード日本へ1分通話した場合0.9-1FJ$
携帯電話本体日本へ1分通話した場合0.9-1FJ$
ネットカフェ日本へ1時間通話した場合2-3FJ$

# 当ページ記載の数字については2012年6月現在の一例を元に作成しており、あくまで目安です。記載された費用や時間などに関わるすべてにおいて、本校は何ら責任を負うものではありません。


インターネット通信環境

学校の図書室には備え付けのパソコンが3台あり、メールやスカイプを使用することが出来ます。ホットメールなどのフリーメールサービスを利用するのが一番です。

# フリーのメールアドレスを取得しておくと便利です(yahooやgoogleなど)。

また、タウンにはインターネットカフェがあり、日本語入力が可能な店もあります。日本語対応のパソコンでなくても、日本語入力することが可能な方法があります。

Ajax IMEを参照ください。URL http://ajaxime.chasen.org/


海外FAX

郵便局でFAXを利用することが可能です。日本と比べるとやや割高ですので、必要なものは事前に準備してください。


コピー

コピーは郵便局で取ることが出来ます。

コピー費の目安として、白黒印刷1枚 = 50FJ¢、カラー印刷1枚 = 2FJ$。


郵送

郵便局

郵便局はラウトカの中心地にある大きな公園「チャーチルパーク」の西側にあります。郵便業務の他、フォンカードの販売やコピー、FAXサービスもしています。フィジーの切手はきれいなものが多く、日本人にはお土産としても喜ばれます。

日本からの手紙・小包の送り方

フィジーでは郵便を個別に家まで配達するという習慣はありません。郵便物は私書箱を利用して受取ります。学生に手紙や小包を送付する際は、Ba Provincial Free Bird Instituteの私書箱宛に送付してください。

差出人の名前や住所、また受取人の名前や住所、全て英語(ローマ字)で記載してください。また、内容物の明細も必ず英語で記入してください。中身は事細かにすべてを書く必要はありません。下記の中から選んで書いて頂く程度で大丈夫です。最後に「Private Use」と大きく書いて下さい。衣類などは必「USED」と書いてください。決してミカンやりんごなどの果物の箱は使用しないで下さい。中身や差出人が分からない荷物、日本語でしか記載されてない荷物は、税関で留められることもありますので十分注意してください。内容を記載するときは下記のようにお願いします。


  • 食品    →   Dry Foods
  • 衣類    →   Used Clothes
  • 本      →   Used Books
  • その他雑貨 →   Personal Belongings

宛先 (ラウトカ私書箱)  P.O.Box 620, Lautoka, Fiji

(記入例)



最後に「Private Use」と大きく書いて下さい。中身は事細かにすべてを書く必要はありません。上記の中から選んで書いて頂く程度で大丈夫です。中身や差出人が分からない荷物、日本語でしか記載されてない荷物は、税関で留められることもありますので十分注意してください。

荷物が届いていても連絡がこない場合がまれにあります。配送状況に関して学生が直接ラウトカ郵便局に確認することが出来ますので、電話もしくはラウトカ郵便局の窓口で確認してください(荷物番号と発送日を伝えることで確認が取れます)。

# 保護者の方は、荷物を送ったら「荷物番号」と「発送日」を学生にお伝えください。

手紙の場合

スタッフが私書箱を確認した際に受取り、定期的に学校に届けますので、ハガキや封書は、スタッフから受取ってください。


郵便・小包の受取方法

小包は本人しか受取ることができません。ラウトカ郵便局に荷物が届くと、学校の私書箱に通知書が届きます。そして、郵便物受取者リストが掲示板に掲載されるので、各自で確認してください。

自分の名前があれば、カウンセラーまで中休みの間に取りに行き、小包の場合であればParcel Noticeというレターを受け取り、ご自身で郵便局へ受け取りに行ってください。その際は必ず許可をもらい、6コマ目の授業を終えてから郵便局に行くようにしてください。

# 受取時間 平日8~9am / 2~4pm 

# IDカード持参が必要であり、手数料がかかる。

# 荷物が届かない場合は、各自で郵便局に電話をして尋ねるか、日本の保護者に確認。

# 荷物を取りに行った際は、翌日以降必ず証明書をスタッフに提出。


通知書を受領後、通知書/身分証明書(学生証)/保管料(2.50 FJ$-)を準備して各郵便局まで受取りに行ってください。また、荷物の内容によっては関税を支払うことが必要です。


受領場所   ラウトカ郵便局
受取時間   月-金 8:00-9:00、14:00-16:00
# 平日のみの受取りとなります。金曜日の短縮授業終了後すぐに郵便局へ行く必要がありますのでご注意下さい。
受取に必要なもの   通知書、身分証明書(学生証)、保管料

EMS

郵便は時間がかかるという人にはEMSサービスがあります。急ぎの際や休日の郵送には便利ですが、郵便料金よりも少し高い上、到着は数日しか違いがありません。詳細は郵便局に直接確認してください。
送付の宛先は郵送の際と同様にBa Provincial Free Bird Institute 私書箱宛です。ラウトカ郵便局で開封し検査をされます。受取りには、保管料2.50FJ$-が必要です。

食品の郵送

フィジーは外来種から自然を守るため、外国からの動物/植物/食品などの輸入規制があります。日本から送付する食品については、ハム/ソーセージ/漬物/乾物などの加工食品も輸入することが禁止されています。

関税

日本からの郵送物の内容によっては、フィジー国内の税法によって課税されるものがあります。中身や差出人がわからない荷物、日本語でしか記載されてない荷物は、税関で没収されることもあります。また、400FJ$相当以上は輸入関税を支払ってください(荷物受取時に支払います) 。400FJ$以上の価値のあるものや電化製品などは郵送ではなく飛行機で持ち込んでください。

資料請求▲ ページトップへ

TEL.03-5227-1185 TEL.03-5227-1185
フィジー高校留学資料請求フォーム


入学選考:合格者一覧
フィジー高校留学/説明会情報
フィジー高校留学費用

ようこそフィジーの高校へ